配信者注目! ライブ配信に最適なおすすめPCレビュー

目次

ライブ配信用PC選定の重要ポイント

ライブ配信用PC選定の重要ポイント

配信に適したスペックとは?

配信に適したスペックを考慮する際、まずプロセッサーの性能が肝心です。

ライブ配信ではリアルタイムでのエンコードが必要となるため、多コア、高クロックのCPUが推奨されます。

例えば、Intel Core i7以上やAMD Ryzen 7以上のプロセッサーが、スムーズな配信体験を提供するために適しています。

次にグラフィックカードに目を向けると、特にゲーム配信や高画質のコンテンツを扱う場合、高性能なGPUが要求されます。

NVIDIA GeForce RTXシリーズやAMD Radeon RXシリーズが、このニーズを満たす可能性が高いです。

また、RAMに関しても重要で、少なくとも16GBを搭載しているPCが望ましいです。

これにより複数のアプリケーションを同時に実行する際に、より快適なパフォーマンスを実現します。

ライブ配信ではストレージの速度も無視できません。

高速なSSDは起動時間の短縮やデータの読み書き速度の向上に寄与し、特に配信時の遅延を減少させるのに役立ちます。

効率的な冷却システムもライブ配信では見逃せないポイントです。

長時間の使用で高まるPC内部の温度を適切に管理することで、パフォーマンスの低下やハードウェアの故障リスクを最小限に抑えることができます。

これらの要素をバランスよく備えたPCを選定することが、トラブルなく快適なライブ配信を実現するためには不可欠です。

PCのパフォーマンスと配信クオリティの関係

ライブ配信用PC選定の際に最も重要なのは、配信のクオリティを維持するために必要なパワフルな性能を確保することです。

高品質な映像や音声をリアルタイムで伝送するためには、高速なプロセッサ、十分なメモリ容量、強力なグラフィックカードが必要不可欠です。

これらのコンポーネントは、配信される映像の解像度やフレームレートを決定し、視聴者が最高の体験を受けるかどうかに直結します。

例えば、複数のアプリケーションを同時にスムーズに実行するためには、多コアのCPUが優れたマルチタスキング能力を提供します。

さらに、ライブ配信時には、高解像度の映像データを迅速に処理できるGPUが要求されることがあります。

これは特に、ゲーム配信や高画質のビデオ配信を行う場合に重要な要素です。

さらに、ライブ配信では安定したインターネット接続が不可欠ですが、PC自体の処理速度が配信の品質に影響を与えます。

遅延や途切れのないストリーミングを実現するためには、十分なメモリと素早い読み書きができるストレージが求められます。

SSDのような高速なストレージは、データの読み込みと書き込みが早いため、生配信での高速なデータ処理に貢献します。

このように、ライブ配信用のPC選びでは、配信する内容と求められる品質にふさわしいスペックのPCを選定することが極めて重要です。

過不足なく最適な配置を実現することは、プロフェッショナルなライブ配信者への第一歩と言えるでしょう。

長時間配信を支える冷却システムの重要性

ライブ配信において最も見落とされがちなのが、PCの冷却機能の優秀さです。

実はこれが、安定した配信クオリティを維持するために極めて重要な役割を果たしています。

長時間にわたる配信では、PCは連続して高負荷がかかるため、熱が蓄積しやすくなります。

加熱した状態が続くと、PCのパフォーマンスが低下し、最悪の場合、予期せぬシャットダウンや機器の故障を引き起こす可能性もあります。

また、不安定な状態は配信の画質や音声へも影響を及ぼし、視聴者体験を損なうことにもつながりえます。

確実なパフォーマンスを維持するためには、優れた冷却システムを搭載したPCが必要です。

特に、高性能CPUやグラフィックカードを搭載している場合には、効率的な熱の放出が必須となります。

柔軟な冷却戦略、つまり複数の冷却ファンや高品質なヒートシンクの使用、水冷システムの導入など要素を吟味し、配信内容に応じて適切にPCを選ぶことが肝要です。

結局のところ、重要なのは配信作業が途切れることなくスムーズに進むことです。

それを実現するためにも、PC選びでは冷却系統に目を向け、何時間も持続する放送に耐えうる信頼性の高さを備えたモデルを選ぶべきです。

信頼できる冷却システムを持つPCこそが、長時間配信をする際の強い味方となるでしょう。

推奨されるPC構成とライブ配信の品質向上

推奨されるPC構成とライブ配信の品質向上

CPUの選び方 コア数とクロック速度のバランス

ライブ配信に求められるPC性能において、CPUの選定は非常に重要なポイントです。

まず、画質やフレームレートの高い中継を実現するためには、複数のタスクを同時にこなせる多コアプロセッサが望ましいです。

コア数が多いほど、エンコードなどの負荷が高い処理を効率良く処理でき、配信のクオリティが向上します。

一方で、クロック速度も無視できません。

高いクロック速度を持つCPUは、一つ一つの処理を素早くこなすことができるため、リアルタイム性が要求されるライブ配信特有のニーズを満たします。

したがって、配信者にはコア数とクロック速度の適切なバランスを見極めるセンスが求められます。

例えば、ゲーム配信では画質とフレームレートを維持しつつ、高負荷なゲームを動かす必要がありますので、多コアで高クロックのCPUが最適と言えるでしょう。

一方で、単純なトーク配信などを行う場合は、それほど多くのコア数を必要とせず、省電力かつ高クロックのミッドレンジCPUでも十分な場合が多いです。

結論として、ライブ配信ではシームレスなパフォーマンスを保つために、自身の配信内容に適したCPUを選択することが重要です。

配信を行う種類によっては、過剰なスペックの追求よりも、その運用に適したCPUを見つけ出すことが、より快適で品質の高い配信につながるのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 40852 2412 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40801 2353 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 40801 2353 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38289 2074 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38214 2045 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35234 2230 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35234 2230 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33498 2204 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33498 2204 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32282 2098 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32282 2098 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29027 2036 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28630 1966 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26826 2041 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24448 2099 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24448 2099 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 21904 1946 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20205 2012 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19354 1934 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17593 1813 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15921 1775 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 15921 1775 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15169 1978 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9004 1744 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9004 1744 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

グラフィックカード選定の重要性

ライブ配信におけるグラフィックカードの選定は、映像品質を左右し、視聴者の体験を大きく向上させる重要な要素です。

高解像度での配信や複雑なエフェクトを使用したい場合、強力なグラフィックカードが必要不可欠となります。

特に人気のあるゲーム配信者の間では、滑らかで鮮明な映像は視聴者を惹きつけるための鍵となります。

グラフィックカードは、ライブ配信の際、リアルタイムエンコーディングの負荷を軽減します。

これにより、CPUにかかるストレスが減り、PC全体のパフォーマンスの向上が期待できます。

NVIDIAやAMDなどのメーカーから提供されている最新のグラフィックカードは、専用のエンコード機能を搭載しており、特にNVIDIAのNVENCは高い評価を得ています。

さらに、グラフィックカードによっては、複数のモニター設定や4K配信が可能となり、配信者はより複雑なシーンを駆使したリッチなコンテンツ制作が可能です。

高品質な配信を行うためには、現行のゲームや使用する配信ソフトウェアが要求する性能に見合った、高性能グラフィックカードの選定が不可欠です。

そして、画質だけでなく配信中の安定性も大きなポイントです。

配信中のクラッシュや不具合は視聴者の満足度を下げてしまうため、信頼性の高いグラフィックカードの選択は配信者にとって重要な投資と言えます。

最適なグラフィックカードを選ぶことは、より高い視聴者エンゲージメントと配信のプロフェッショナリズムを体現するためのステップです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 35868 73953 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29827 73249 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 28882 68172 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 25944 67353 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23526 55516 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19755 50362 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19072 51009 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17815 45775 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16844 42348 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13345 34529 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13344 34977 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13229 34347 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12357 30310 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10733 31666 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10563 28517 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10554 27437 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7273 19575 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6218 16005 130W 公式 価格

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

究極のプレイ体験をコミットするプロフェッショナルクラスのゲーミングPC
高速DDR5と1TB NVMe Gen.4 SSDで、スムーズなパフォーマンスと応答性を実現
洗練されたMasterBox CM694ケースが、あらゆるデスクトップにスタイリッシュな存在感を放つ
Ryzen 7 7700搭載、最新かつ高性能でマルチタスクも軽々とこなすPC

【ZEFT R47AW スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードRadeon RX 7900XT (VRAM:20GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIA
【ZEFT Z47AIA スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIA

パソコンショップSEVEN ZEFT R52E

パソコンショップSEVEN ZEFT R52E

ゲームもクリエイティブもスムーズなフルパフォーマンス、その名はスマートパフォーマンス・ゲーミングPC
鮮烈なビジュアルとシームレスなプレーを実現する、高速メモリとライトニングSSDの黄金バランス
コンパクトな筺体に強靭なパワーを閉じ込め、透明感溢れるスタイリッシュ・マイクロタワーモデル
飛び切りのスピードで勝利を手繰り込む、AMD Ryzen 9の処理能力を堪能するマシン

【ZEFT R52E スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAW

パワーユーザーに贈る、アドバンスドゲーミングPC。快適なプレイと仕事をこれ一台で
バランスとパワーの融合。32GB DDR5とGen.4 SSDが織りなす速さを体感せよ
Corsairの風を切り裂く、4000D Airflow TG。見た目も冷却も一級品のケースに注目
快速、Core i7-14700KF搭載。マルチタスクも滑らかにこなす処理能力を実現

【ZEFT Z45DAW スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AB

高速処理力でゲーマーを魅了するプロフェッショナルグレードのゲーミングモデル
均整の取れたスペックで、あらゆるタスクがスムーズに実現するパワーマシン
クールでスタイリッシュなミドルタワーケースが、部屋のアクセントにピッタリなPC
鮮やかに動くゲーム世界を支える、最新のCore i7 パワー溢れるゲーミングPC

【ZEFT Z45AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AB

RAMとストレージの最適な組み合わせ

ライブ配信を行うとき、RAMとストレージはまさにショーを成功させる舞台裏の重要な役者です。

高品質な配信を実現するためには、これら二つのコンポーネントが最適な組み合わせを見つける必要があります。

たとえば、RAMに関しては、最低でも16GBを推奨します。

なぜなら、複数のアプリケーションを同時にスムーズに運営するための余裕が必要だからです。

特に、ライブ配信ソフトウェアとゲームやその他のコンテンツを平行して扱う場合、大容量のRAMがあればあるほど、配信の安定性や応答性が高まります。

ストレージにおいては、速度と容量のバランスが鍵を握ります。

SSDを使用することは、その速度の面において、HDDよりもはるかに優れた選択です。

ライブ配信では、動画ファイルや高解像度のグラフィックを瞬時に読み込む能力が求められるため、迅速にデータにアクセスできるSSDは不可欠です。

512GB以上のSSDを一台持つことで、オペレーティングシステム、配信ソフトウェア、頻繁に使用するデータなどのための十分なスペースを保証します。

結果として、RAMとSSDはライブ配信のパフォーマンス向上を図る上で、シームレスな配信体験を生み出すために、これら二つのコンポーネントは緻密な連携を果たしているのです。

豊富なRAMによる複雑な処理の迅速化と、SSDによる即時のデータアクセスは、より高いビットレートと解像度での配信を可能にし、配信者にも視聴者にも満足のいくライブストリームを提供することでしょう。

ライブ配信のためのPC周辺機器

ライブ配信のためのPC周辺機器

高解像度ウェブカメラの選び方

高解像度ウェブカメラはライブ配信の重要な要素です。

配信品質を左右する大きな要因であり、視聴者にクリアな映像を提供するためには適切な選択が不可欠です。

そのためのウェブカメラ選びでは、まず解像度の確認が大切です。

フルHD(1080p)以上を目安にすると、鮮明でディテールの豊かな映像を配信できますが、4K解像度を持つウェブカメラを使用すると、より一層の臨場感を視聴者に提供することが可能になります。

また、フレームレートは動きのなめらかさに影響を与える要素です。

通常、最低でも30fps(フレーム毎秒)は欲しいところですが、60fpsが可能なウェブカメラを選べば、よりスムーズでプロフェッショナルな映像配信が実現します。

さらに、自動で焦点を合わせるオートフォーカス機能や不十分な照明のもとでも明瞭な映像が得られるローライト補正機能も重要です。

他にも視野角をチェックすることが欠かせません。

狭めの視野角は顔に焦点を合わせやすくなりますが、広い視野角を持つウェブカメラは周囲の環境も映し出すことができ、さまざまな配信スタイルに対応可能です。

最後に、使い勝手も忘れてはならないポイントです。

取り付けや角度調整が容易なウェブカメラは長時間の配信でも快適に作業を行うことができるでしょう。

視聴者を引きつける鮮やかな映像をライブ配信するためには、これらのポイントを押さえた高解像度ウェブカメラの選択が不可欠です。

配信者としての印象を決定づけるためにも、適切なウェブカメラ選びにじっくり時間をかけ、自分の配信スタイルに合った最適な機器を見つけ出しましょう。

クリアな音質を提供するマイクの重要性

配信者が視聴者に高品質なコンテンツを届けるためには、クリアな音質を提供するマイクの選定が極めて重要です。

ライブ配信中、音声は情報伝達や視聴者とのコミュニケーションにおいて中心的な役割を果たします。

高品質なマイクを使用することで、細やかなトーンやニュアンスを捉えることが可能となり、視聴者がまるでその場にいるかのような没入感を体験できます。

特に配信者の声質や話すスピードに応じたマイクの選択は、視聴者からの反応を見極める上でも重要です。

例えば、あるマイクがより低音を強調する一方で、別のマイクは明瞭度に優れているかもしれません。

また、配信環境が騒がしい場所の場合、ノイズキャンセリング機能のあるマイクが適しているでしょう。

音質の良し悪しは視聴者にも感じ取れるもので、これが視聴継続やチャンネル登録に直結します。

そのためにも、適切なマイク選びによってライブ配信のクオリティを高めることが、配信者にとっては成功のカギを握っているのです。

さらに、配信する内容によってマイクの選択肢が変わることも忘れてはいけません。

歌や楽器のライブ配信には、音の細部まで捉えられるマイクが、ゲーム配信やトークショーには明瞭で聴き取りやすい音質を重視したマイクが望ましいです。

このように、ライブ配信を進める上でマイクは単なる周辺機器ではなく、配信の質を大きく左右する決定的な役割を担っているのです。


配信制作を効率化するストリーミングアクセサリー

ライブ配信に最適なPC環境を築くには、ストリーミングアクセサリーが不可欠です。

画質や音質の向上はもちろん、配信の質を格段に引き上げるためのツールが存在し、それぞれが配信者の表現力を補強します。

例えば、クリスタルクリアな音声を届けるために、高品質なUSBマイクは必須です。

視聴者に細部まで緻密な映像を提供するためには、高解像度を誇るウェブカメラがあれば、その違いは一目瞭然です。

また、多角的な画面構成を作り出すためのキャプチャーカードも、多くのプロストリーマーが頼りにしています。

画面遷移をスムーズにするスイッチャーは、視聴者にとって煩わしさを感じさせず、配信をダイナミックに演出できます。

そして、照明はその重要性を決して見過ごすことはできません。

均一に顔を照らし出すリングライトがあれば、画面上で顔の表情がはっきりと映えるので、視聴者とのコミュニケーションがより一層深まるでしょう。

さらに快適な配信環境を整えるためには、ストリームデッキのようなマルチ機能ボタン配列も効果的です。

一つのボタンで様々な操作を行えるため、配信中にスムーズな切り替えが可能になり、視聴者を飽きさせません。

ストリーミングアクセサリーはただの道具ではなく、ライブ配信を通じて創造される世界を豊かにするための伴侶です。

適切な選択と活用で、配信の制作過程は格段に効率化し、最終的には配信のクオリティーを大きく引き上げる結果をもたらします。

予算別おすすめライブ配信PCモデル

予算別おすすめライブ配信PCモデル

エントリーレベル コストパフォーマンスに優れたPC

ライブ配信を始めたいけれど、予算が限られている方やコストパフォーマンスを重視したい初心者にとって、エントリーレベルのPC選びは一筋縄ではいきません。

最適なモデルは、同時に高い安定性と必要最小限のパワーを備えている必要があります。

例えば、Ryzen 5シリーズのプロセッサとRTX3050シリーズのグラフィックカードを搭載したデスクトップPCは、エントリーレベルに位置しながら、1080pでのストリーミングに十分な性能を提供します。

多くのエントリーレベルPCには、動画編集やグラフィック作成などの複数のタスクを行うための基本的な機能が内蔵されており、ライブ配信に必要なソフトウェアをスムーズに動作させることが可能です。

ストレージに関しては、SSDを選択することで起動時間が短縮され、データの読み書きが速くなるため、配信中の応答性の向上に寄与します。

RAMは最低でも8GBを推奨します。

これにより、複数のアプリケーションを同時に実行してもパフォーマンスが落ちにくくなります。

また、Webカメラやマイクなどの配信機材も忘れてはいけませんが、これらのアクセサリはPCのUSBポートに簡単に接続可能であり、PC本体の選択に大きな影響を与えません。

エントリーレベルのPCを選ぶ際は、将来的なアップグレードも念頭に置くことが重要です。

余裕ができたときに容易に部品交換ができるよう、アップグレードしやすいモデルを選ぶことは長期的な投資として賢明な選択と言えるでしょう。

信頼できるメーカーからのモデル選びも重要であり、安定したサポートや保証は配信活動をスムーズに行うために不可欠です。

エントリーレベルでも品質の高いPCを選ぶことで、ライブ配信の初歩からプロへのステップアップを確実なものにすることができるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

マルチタスクにもゲームにも対応するスーペリアバジェットのゲーミングPC
RTX 4070搭載で、グラフィックスの先鋭性とメモリの余裕が高次元で融合
クリアサイドパネルのマイクロタワーケースで、洗練されたデザイン性をお部屋に
最新Core i5 14400Fで快適動作を確約するハイパフォーマンスモデル

【ZEFT Z47P スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CH

ゲーマーを魅了する、究極のマスタークラフト級パフォーマンスマシン!
スリーツースGB DDR5メモリで、余裕のあるスペックが輝くバランスの良いパフォーマンス
クリアパネルで光る、Fractalの洗練されたデザイン性が光る、見る者を圧倒するモデル
Core i9 14900Fがふんだんに生み出す、計算力の秘密を解き放つ!

【ZEFT Z47CH スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47CH

パソコンショップSEVEN ZEFT G28M-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT G28M-Cube

ゲーム戦場を制覇する、ユニバーサルミドルのパフォーマンスモデルゲーミングPC
ハイスペックと調和の取れたゲーミングPC、極めてシームレスな体験を提供
省スペースながらもスタイル抜群、クリアサイドで内部美にも注目のマシン
2023年の新星、Ryzen 7が生み出す処理速度の嵐を体感せよ

【ZEFT G28M-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G28M-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BA

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BA

ゲームの世界を支配するためのゲーミングPC、リファインドミドルクラスの真髄を体感せよ
バランスに優れ、強力なVGAと先進のCPUで最新ゲームもスムーズに動かす、スペックの絶妙な調和
モダンなミドルタワーケースに包まれた、洗練されたデザインとパフォーマンスを堪能
Ryzen 7 7800X3Dが拓く、処理速度の新境地。パワフルなCPUで差をつけろ

【ZEFT R58BA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58BA

ミドルレンジモデル あると便利な機能を備えたPC

ライブ配信を行う際、ミドルレンジのPC選びはバランスが鍵を握ります。

ミドルレンジモデルに求められるのは、無理なく高品質な配信を実現できる十分な性能と、長時間にわたる配信作業でも安定したパフォーマンスを維持する耐久性です。

充実したマルチタスク処理能力を持つ多コアのプロセッサーが搭載されていることは絶対条件で、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かせることが求められます。

ストリーミングには大量のデータ転送が伴うため、高速なSSDの存在も不可欠です。

ロード時間の短縮に貢献するだけでなく、シームレスな体験をライブで提供する上で重要な要素となります。

さらに、配信中の突発的なトラブルへの対応力を高めるためには、十分なメモリ容量が必要です。

充分なメモリがあることで、突然の高負荷時でもPCがフリーズするリスクを減らすことができ、安心して配信に臨むことができるでしょう。

また、ライブ配信特有の面として、良質なオーディオとビデオ出力が求められる点が挙げられます。

オンボードの高性能グラフィックスチップや、外部グラフィックカードを利用して、清潔感のある映像を配信できることは視聴者にとっても配信者にとっても重要です。

音質面では、優れたサウンドカードや高音質出力が可能なポートが備わっていることで、配信のプロフェッショナリズムを高めることができます。

つまり、ミドルレンジモデルではこれらの機能をバランス良く、かつコストパフォーマンスに優れた形で備えていることが理想と言えるでしょう。

生配信の品質を左右するこれらの要素は、配信者がより広い視聴者にアプローチするための強力なツールとなり、視聴者に快適な視聴体験を提供することで、その配信チャンネルの評価を高めるために不可欠です。

ハイエンドモデル プロ級の配信クオリティを追求するPC

ハイエンドモデルは、ライブ配信でプロ級のクオリティを追及し、視聴者に最高の体験を提供したい配信者に最適です。

高性能なプロセッサーと強力なグラフィックスカードを搭載しており、それにより複数のカメラ入力や高解像度のストリーミング、リアルタイムのエンコーディングもスムーズに行うことが可能になります。

また、大容量のRAMは複雑なシーンの配信やエフェクト処理をサポートし、快適な配信環境を維持します。

さらに、ハイエンドモデルPCでは、低遅延でのストリーミングが重要な要素です。

オーディオとビデオの同期は、配信の専門性を表す基準となりますから、それを最大限に担保しています。

配信用の専用ソフトウェアとの互換性も高く、最新の機能やアップデートをすぐに利用できるため、常に最良の配信環境をキープすることができます。

このカテゴリーのPCは静音性にも優れていますので、マイクに余計なノイズが拾われることなく、クリアなオーディオ配信が実現されます。

ストレージも忘れてはならず、高速なSSDを搭載し、長時間の配信データも即座に読み書きすることができるため、時間を無駄にすることがありません。

高いパフォーマンスを維持するための優れた冷却システムも装備されており、長時間の使用でもPCの温度が安定しているため、配信中にパフォーマンスが低下することはまずありません。

このようにハイエンドモデルは、高い投資を惜しまない配信者にとって、その価値を十分に反映した選択肢といえるでしょう。

妥協なく最良の配信を目指すならば、ハイエンドモデルこそがその志を叶える最適な代理人です。

ライブ配信用にカスタムPCを構築するメリット

ライブ配信用にカスタムPCを構築するメリット

自由度の高いPCスペックとパーソナライズ

ライブ配信での成功は、視聴者にとって快適な視聴体験を提供することにかかっています。

ここでは、自由度の高いPCスペックとパーソナライズのメリットを考察していきます。

配信用PCをカスタムすることで、必要に応じて高性能なプロセッサーや大容量のメモリ、高速なストレージを選択可能です。

また、マルチタスク処理に優れたグラフィックカードを搭載することで、複数のカメラアングルやソースを同時に扱う際のパフォーマンスも向上します。

ゲーム配信者であれば、最新タイトルも快適に動作させつつ、高解像度でのストリーミングが可能になるでしょう。

音楽配信やトークショー形式の場合は、音質に特化したサウンドカードの積み込みにより、クリアで臨場感あふれるオーディオを提供できます。

さらに、外観にこだわりを持つ配信者は、LEDライトやカスタム塗装でPCの見た目を自分好みに仕上げ、視聴者にもそのセンスをアピールできます。

カスタムPCの真価はその拡張性にあり、将来的に技術が進化し、より高いスペックが配信に求められるようになっても、部品の交換や追加によって最新のトレンドを取り入れることができます。

だからこそ、パーソナライズされたパワフルなPCは、ライブ配信者にとって長期に渡って確かな投資となり、常に最前線で活動を続けたいと考える方々にとって欠かせない選択肢となるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BE

アドバンスドセグメントのパフォーマンス、極上のゲーム体験を提供するマシン
最先端のスペックでバランスよく、どんなタイトルも快適にプレイ可能なモデル
洗練された静音ケース、日常の使い心地に溶け込むデザイン性に注目
高速でパワフルなi9プロセッサー搭載、ハードなタスクも余裕でこなすPC

【ZEFT Z45BE スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AB
【ZEFT Z52AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BH

力強いパフォーマンスをエンジョイする、激戦を制すファンクショナルミドルクラスゲーミングPC!
64GBメモリ搭載、 RTX 4060Tiで、グラフィックもメモリもバランスよく快適プレイ!
クリアサイドパネルで内部が輝く、ミドルタワーケースでスタイリッシュなデスクトップ!
圧倒的な処理スピードを実現する、最新Core i9が可能性を拡大

【ZEFT Z45BH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

高性能なゲーミングPC、プロシューマーが欲しがるモダンバランスモデル
スペックの黄金比、ゲームもクリエイティブもこなすパワーバランス
透明パネルが映えるスタイリッシュデザイン、見た目もパフォーマンスも洗練されたPC
Core i9 14900搭載、ハイエンドCPUでこその速さと応答性

【ZEFT Z47DD スペック】
CPUIntel Core i9 14900 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47DD

将来性を考慮した拡張性の高さ

ライブ配信用にカスタムPCを構築する大きなメリットの一つは、拡張性の高さです。

将来の技術進化や配信ニーズの変化に合わせて、必要な部品を追加や交換することが可能なのが魅力的です。

例えば、多彩なソフトウェアを同時に使用する際には、高性能なCPUや大容量のRAMが求められますが、ニーズが増すごとに手軽にスペックアップさせることができます。

さらに、複数のカメラや高品質なマイクなど、専門的な機器を接続するためには、十分な数のUSBポートや音声入力端子が重要となりますが、カスタムPCならば将来の機器増設にも対応しやすいように設計することができます。

また、高画質の映像を配信するためには強力なグラフィックカードが欠かせないため、トレンドに沿った最新のグラフィックカードへのアップグレードを行うことが容易です。

これによって、長期的に見てもハイクオリティなライブ配信を維持し続けることが可能になります。

カスタムPCにおけるこれらの高い拡張性は、将来にわたってライブ配信の質を向上させ、さらに視聴者に最良の視聴体験を提供するための重要な投資となります。

最終的には、拡張性の高いPCは経済的にも長期的な視点で見ればコストパフォーマンスに優れる選択肢と言えるでしょう。

カスタムPC構築の注意点

ライブ配信を成功させるためには、PCの性能が重要な鍵を握ります。

カスタムPCを構築する際には、配信に最適な構成を選ぶことができ、自分だけのユニークなセットアップを実現することが魅力的です。

ただし、注意しなければならない点が数多く存在します。

まず重要なのは、予算とニーズのバランスです。

高性能な部品を選べば選ぶほど、コストは増加します。

しかし、ライブ配信のために必要以上の高性能な部品を選ぶ必要はありません。

自分が配信するコンテンツに適したスペックを見極めることで、無駄な投資を避けることができます。

次に大切なのが、部品の相性です。

全ての部品が互いに最適に機能するよう注意深く選ぶ必要があります。

特に、マザーボードとCPU、メモリの組み合わせは性能へ直結します。

選択ミスがないよう、適切なリサーチとプランニングが求められます。

また、冷却システムは配信中のPCの熱暴走を避けるために非常に重要です。

特にグラフィックスカードやCPUの冷却は、配信の安定性に大きく寄与します。

適切な冷却装置の選定や設置位置の最適化には十分な注意を払いましょう。

さらに、将来のアップグレード計画も考慮する必要があります。

技術は日進月歩ですから、将来的に部品を交換することを想定して余分なスペースを確保しておくなど、先を見据えた構築が求められます。

最後に、自作PCの組み立てには専門的な知識が必要です。

配信の品質を確実に保つためには、信頼できる情報源からのアドバイスや、場合によってはプロの技術者のサポートを得ることも検討するべきです。

これらのポイントに注意しながらカスタムPCを構築することで、ライブ配信というエンターテイメントの世界で輝かしい結果をもたらす可能性が高まります。


ライブ配信で重視すべきPC性能とその評価方法

ライブ配信で重視すべきPC性能とその評価方法

PC性能のベンチマークと配信の相性

ライブ配信で重視すべきPC性能とその評価方法について考えた時、ベンチマークテストは非常に有効な手段です。

ストリーマーや配信者にとってPCは、複雑なソフトウェアや高解像度の映像データをスムーズに扱うための重要なツールであり、適切な性能評価は配信のクオリティを左右します。

一般に、PCの性能評価に用いられるベンチマークプログラムは、CPU、GPU、メモリ、ストレージなどの主要コンポーネントの処理能力を評価することに加えて、実際の使用環境での負荷パターンを模倣しています。

これにより、配信中に特に負担がかかるエンコーディングやグラフィックの処理速度を予測することが可能です。

また、ベンチマークは配信ソフトウェアが要求するスペックを明らかにするためにも役立ちます。

例えば、高い品質で複数のカメラやゲーム画面を同時に扱うためには、高性能なGPUが必要ですし、同時に複数のアプリケーションを快適に動作させるためには十分なメモリ容量が求められます。

ベンチマークテストは、これらの要件が現在のPC構成で満たされているかどうかを把握するための基準を提供します。

PCのベンチマークと配信の相性を評価する上では、実際に配信に使用するソフトウェアを動かしながらのテストを行い、エンコード速度、フレームレート、システムの安定性などに注目することが大切です。

これにより、ライブ配信におけるPC性能の限界や改善点を知り、視聴者に最高の視聴体験を提供できる環境を整えるための一助となります。

高品質なライブ配信を目指すならば、定期的なベンチマークテストを行い、最適なPC構成に常に気を配ることが重要です。

リアルタイムエンコーディングのための性能

ライブ配信で重視すべきPC性能として、リアルタイムエンコーディングは中心的な役割を果たします。

エンコーディングとは、撮影された映像を配信用のデータ形式に変換する工程のことで、配信の品質を左右する要因のひとつです。

配信用の映像は、高解像度でスムーズに視聴者に届けたいもの。

そのため、強力なプロセッサと十分なRAMが必要になります。

特に注目したいのは、複数のコアを持つCPUで、これによりマルチタスク処理が改善され、複雑なエンコーディング作業もスムーズに進行します。

配信しながらウェブブラウジングやチャット対応を行うことも珍しくないため、PCには応答性が求められます。

この応答性を評価するには、リアルタイムでの配信テストを行い、動作が遅延することなく処理できるかどうかを確認することが重要です。

また、配信においては、グラフィックカードも無視できません。

特にゲーム配信をする際には、高性能なグラフィックカードがリッチな映像を生成し、エンコーディングの負担を軽減します。

グラフィックカードの性能は、ゲームプレイ時のフレームレートや解像度を実際にテストすることで評価可能です。

ストレージにおいては、高速なSSDを選択することで、データの読み書き速度が向上し、配信中の負荷にも柔軟に対応できます。

配信の際は、多くの一時的ファイルが生成されるため、迅速なアクセスが可能なSSDは非常に有効です。

ライブ配信においては、これらのPC性能が総合的に噛み合って初めて、視聴者に快適な視聴体験を提供できるのです。

したがって、個々のコンポーネントの性能だけでなく、全体としてのバランスに注目し、実際に配信を行うことでその評価を完成させてください。

ゲーム配信を邪魔しないPC性能と設定

ゲーム配信を邪魔しないPCの性能と設定において、生放送のクオリティを支えるのは強力なプロセッサと十分なメモリです。

高い画質やスムーズなシーンの切り替えを実現するために、最低限、真新しいi7プロセッサ、あるいはそれと同等のRyzen 7が推奨されます。

放送中のカクつきを避けるためには、16GB以上のRAMを搭載することが理想的で、さらに余裕をもって32GBを目指すと安心です。

グラフィックに関して言えば、現代のゲームは高解像度でリアルタイムにレンダリングすることが求められますから、NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズの中でもアッパーミドルクラス以上のグラフィックカードが要求されます。

ストリーミング用には同時に複数のアプリケーションを動かすことになるため、強力なカードが必要となります。

また、ライブ配信では安定したインターネット接続が不可欠です。

有線のイーサネット接続が推奨され、速度もアップロードに関しては最低10Mbps以上を目標にすると良いです。

ストリーミング用PCとして目を向ける際には、冷却システムも重要な要素です。

長時間の利用に耐えうる高性能な冷却ファンや水冷システムを選ぶことが、機器の寿命を保つ上で重要です。

最終的なPCの選択は、配信者の個々のニーズに応じて異なるでしょうが、これらの要素を基準とすることで、視聴者に快適な体験を提供し、ストリーミングの品質を保つことが可能です。

それらを正しく設定し、メンテナンスを欠かさないことが、ゲーム配信を成功させる鍵であると言えるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

市販のライブ配信向けPCブランド比較

市販のライブ配信向けPCブランド比較

信頼できるPCメーカーとモデルの選定

ライブ配信を成功に導くためには、信頼性と性能が高いPCが不可欠です。

特にストリーミングはCPUとGPUの能力を大いに要求するため、これらのコンポーネントに注目してメーカーとモデルを選定することが重要になります。

例えば、市場において高い評価を受けているASUSやDell、HPといったメーカーからは、ライブ配信用途に特化したモデルが提供されています。

それらのPCは高速プロセッサ、強力なグラフィックスカード、十分なメモリという三拍子揃ったスペックで、スムーズな配信を実現します。

また、信頼できるPCを選ぶ際は、カスタマーサポートと保証の質も考慮する必要があります。

なぜなら、万が一のトラブルや不具合が生じた場合に迅速な対応を受けられるかが、配信者の活動を大きく左右するからです。

さらに、実際の配信シーンを想定した冷却システムの効率や騒音レベルなど、細かな部分にも目を向けることが求められます。

長時間の使用でも快適性を損なわないPC選びが、配信の品質を保つ上でのカギとなるのです。

そうした中、ライブ配信に適したPCのモデルとしては、例えば、Intel Core i7以上のプロセッサを搭載しNVIDIAの最新RTXシリーズを備えた製品、左記に加え配信の快適さを追求した高い冷却能力と静音性を兼ね備えたモデルなどが挙げられます。

これらはストリーミング時の負荷にも余裕を持ち対応できるため、プロフェッショナルな配信を目指す方には特に推奨されるスペックです。

適切な選定をすることで、配信者は視聴者に対して高品質なコンテンツを提供し続けることが可能となります。

サポート体制とカスタマイズオプション

ライブ配信におけるPC選びでは、サポート体制とカスタマイズオプションが重要なポイントとなります。

これらの側面で比較を行い、信頼性と柔軟性のバランスを見極めることが肝心です。

多くの有名ブランドは、専門性が高いサポート体制を整えている点で定評があります。

配信時に発生したトラブルへ迅速かつ的確に対応する専門家の存在は、ストレスフリーな配信活動を支える土台です。

たとえば、緊急のハードウェアトラブルやソフトウェアの問題が発生した際、24時間対応のヘルプデスクや、遠隔でのトラブルシューティングなどが用意されているかも比較の基準に加えたいところです。

一方で、ライブ配信には用途に合わせたカスタマイズ性も不可欠です。

具体的には、高解像度カメラのための優れたグラフィックカードや、容量の大きなストレージ、マルチタスクをこなすための高性能CPUといった、配信内容に合わせたハードウェアの選択が可能かどうかが判断材料となります。

また、将来的なアップグレードの容易性や、配信専用の機器を追加するための拡張性も見逃せません。

発売から時間が経ったモデルであっても、こうしたニーズに応じて最新のスペックにアップデートできる柔軟さが、長期にわたる投資としては理想的です。

さらに、ライブ配信では常に最先端の技術を求められるため、ブランドが提供する最新情報や技術のアップデートサポートにも注視する必要があります。

最適なPCを選定する際は、これらの要素を総合的に考慮し、安定した配信と将来にわたる運用を見据えた選択を行うことが、成功へのカギを握っています。

実際の配信者からのレビューと評価

ライブ配信向けのPC選びにおいて、実際に配信活動を行うクリエイターたちの声は極めて重要です。

最新チップセットの搭載や高速SSD、複数の画面を同時に扱えるマルチモニター対応など、配信に求められるスペックを満たしているかどうかは、使用者のレビューが真の評価を与えてくれます。

一般的な用途とは異なる配信専用機の需要に応じ、多くのPCブランドが競い合い、充実した機能を備えた専用機種を提供していますが、その中でも高評価を受けているのは、安定したパフォーマンスと優れた冷却システムを誇るモデルです。

配信者たちは、長時間安定して動作し続けるためには良好な冷却設計が不可欠だと指摘しています。

さらに、静音性も重視されるポイントであり、マイクに余計な音が拾われないようにするためにもこだわりを見せています。

また、顧客サポートの手厚さや拡張性に対する評価も、配信者がPCを選ぶ際には欠かせない判断軸となっています。

これらのレビューを基に、ライブ配信を行う上では、安定性とサポート体制の良さを備えたPCが適しているとの結論が導かれます。

まとめると、市販されているライブ配信向けPCの中でも、実際の配信者たちはパフォーマンス、冷却性能、静音性、そしてサポート面で優れたPCを好んで使っていることが明らかになっています。

これらの点を重視しつつ選ばれたPCは、配信者たちによって推奨され、他の配信希望者にとっても有力な選択肢となるでしょう。

ゲーム配信者向けのPC配置と最適化

ゲーム配信者向けのPC配置と最適化

多彩なゲームタイトルに対応するPC性能

ライブ配信では、快適なゲーミング体験と視聴者に提供するコンテンツの質の両方が重要であり、そのためには多様なゲームタイトルに対応するPCのパフォーマンスが不可欠です。

特にゲーム配信者が注目したいのは、高い処理能力を持つマルチコアのCPUと、高性能なグラフィックカードを搭載したPCです。

これにより、グラフィックが要求される最新ゲームもスムーズに動作し、配信中のフレーム落ちを大幅に減少させることが可能となります。

また、ライブ配信を行う上で避けては通れないのが、安定したインターネット接続および十分なメモリ量です。

遅延や途切れを最小限に抑えるためには、優れたネットワークカードと応答速度の速いSSDの搭載が推奨されます。

さらに、長時間の配信でもPCのパフォーマンスが落ちにくい冷却システムの整った機種を選ぶことで、電子機器の熱暴走から身を守ることができます。

音質にも注意が必要で、クリアなオーディオ出力を実現するための高品質なサウンドカードや、ノイズキャンセリング機能を持つマイクの選定もライブ配信には不可欠です。

こうして最適化されたPC構成によって、ゲーム配信者は多彩なゲームタイトルへの対応はもちろん、視聴者に対する配信品質の向上も実現することができるのです。

そのため選択するPCは、ただ性能が高いだけでなく、配信に特化した設計にも注目して選びましょう。


配信ソフトとの互換性と最適設定

配信ソフトとの互換性と最適設定は、快適なライブ配信を行う上で欠かせない要素です。

多くの配信者が愛用するOBS Studio、XSplit、Streamlabs OBSなどの配信ソフトは、PCのスペックに合わせた調整が可能であり、この微調整が快適な配信への鍵となります。

例えば、OBS Studioでは、ビットレートの設定を配信のクオリティとインターネット速度に応じて調整することにより、滑らかで質の高い映像を視聴者に届けることができます。

また、CPUの負荷を考慮してエンコーダーを選ぶことも重要です。

高品質なゲーム配信を目指す場合、ハードウェア(NVENC)よりもソフトウェア(x264)エンコーダーを利用する方が、高いエンコード品質を実現できることがありますが、これは強力なCPUを要するため、PCの性能を良く理解しておく必要があります。

反対に、PCの処理能力が限られている場合は、NVENCを用いることでゲームプレイのパフォーマンスを維持しつつ、まずまずの配信品質を保つことができます。

さらに、配信中の過度なCPUやGPUの負荷を軽減するためには、ゲームのグラフィック設定の見直しも検討すべきです。

高い設定で鮮明な画像を提供したい気持ちは理解できますが、配信の安定性を保つためには、適度な設定が推奨されます。

結局のところ、配信ソフトとPCの相性を見極め、最適化することで、配信者も視聴者も幸せになる配信体験が完成します。

このような調整を施すことで、ゲーム配信者はより高品質で安定したライブ配信を実現できるでしょう。

ゲーミング環境とライブ配信の融合

ゲーミング環境とライブ配信の成功は、単に高性能なPCを揃えることだけでは成し得ません。

生まれたばかりのアイデアを実現するための緻密な設計と、ユーザーの期待を超えるような体験を提供するためのクリエイティビティが求められます。

特にゲーム配信者にとっては、圧倒的なグラフィック性能やリアルタイムでの処理能力を備えたマシンは、まさに配信内容の質を左右する重要な要素です。

快適なプレイと同時に高解像度でのストリーミングを可能にし、視聴者に対して最高級の視聴体験を提供することが可能になります。

さらには、ライブ配信で魅力を増すためにも、適切な設定と最適化が重要です。

具体的には、CPUやGPUのパワーをゲームプレイと配信の両方に効率的に割り振ることで、滑らかで高品質な配信が実現します。

オーバーレイやウィジェットの導入による視聴者との交流機能の拡張も、配信体験を豊かにする要となり得ます。

そのため、システムのカスタマイズと同様に、オーディオ設定やビットレートの選択に至るまで、じっくりと時間をかけて配権者各自のニーズに合わせた環境作りを心がけることが、最高の配信を生み出す秘訣です。

視聴者を魅了し続けるためのライブ配信は、適切な機材選びに加えて、その細やかな設定と最適化によって、より一層の深みを増すことでしょう。

エンターテインメントと技術が見事に融合するゲーム配信者にとって、このプロセスは、多くの人々と感動を共有するステージへと続く重要な一歩と言えるでしょう。

PCライブ配信ソフトウェアとの相性

PCライブ配信ソフトウェアとの相性

一般的なライブ配信ソフトウェアの紹介

ライブ配信を行う際に欠かせないのが、配信ソフトウェアです。

市場には様々な種類があり、自らの配信スタイルやPCの性能に適したものを選び出す判断力が求められます。

初心者からプロフェッショナルまで使いやすいOBS Studioは、無料でありながら高いカスタマイズ性を誇り、様々な配信サイトに対応しております。

一方で、直感的な操作で支持を集めるStreamlabs OBSは、独自のウィジェットを活用することで、視聴者とのやり取りを活発にできる利便性があります。

また、XSplit Broadcasterは、その豊富な機能性を活かし、多彩なシーンを実現することが可能です。

プロレベルの配信を目指す方々にとっては、細やかな配信設定が求められるため、先ほど挙げたソフトウェアと合わせて検討されると良いでしょう。

さらに、vMixもまた、ビデオミキシングの高度な技術を駆使することで、プロフェッショナルなブロードキャストが実施できますが、その機能性に見合ったPCスペックが要求される点は注意が必要です。

ライブ配信の世界では、ソフトウェアが持ち味を最大限に発揮するためにも、適切なPC選びが重要となります。

それぞれのソフトウェアが提供する特色とPCの性能が見事に融合する時、視聴者に深い印象を残す配信が可能になります。

是非、ライブ配信を通じて個性を発揮していただきたく、ソフトウェア選びには細心の注意を払うことが成功への鍵と言えるでしょう。

PCスペックに合わせた配信ソフトの選び方

ライブ配信において、最も適したPCスペックと配信ソフトウェアのマッチングは、視聴者に快適な視聴体験を提供するための重要な要素です。

初心者からプロの配信者まで、それぞれのニーズに適した配信ソフトの選び方を理解していることは、配信活動の成功に必須と言えます。

例えば、高性能なPCをお持ちの場合、高解像度での配信や複数のカメラアングルを同時に使用するような高度な機能を持つソフトウェアを選択することで、配信のクオリティを最大限に引き出すことができます。

一方で、手頃なスペックのPCをお使いの配信者は、リソースをあまり消費せず、安定した配信を行うことができるソフトウェアを選ぶ必要があります。

さらに、CPUやGPUの能力によって、エンコードの種類(ハードウェアエンコードやソフトウェアエンコード)も適切に選択することが求められます。

ストリーミングの品質を左右するビットレートの設定や、配信の詳細なカスタマイズを行えるかも、ソフトウェア選びの際に考慮すべき点です。

視聴者に最高品質のライブ配信を届けたいと考えている配信者は、PCの性能を熟知し、シームレスな配信環境を構築することが不可欠です。

それにより、配信者本人も視聴者も満足のいく配信体験を享受することができるのです。

ソフトウェア別の配信設定のヒント

ライブ配信に最適なPCを選ぶ際には、使用するソフトウェアとの相性がキーポイントです。

たとえば、OBS Studioはその自由度の高さと強力なカスタマイズ性で人気を博しており、比較的軽い処理負荷で多彩な配信が実現可能です。

しかし、設定が複雑で初心者には敷居が高いため、事前に配信目的に応じた設定ガイドを参照することが推奨されます。

一方で、Streamlabs OBSは洗練されたインターフェースと直感的な操作が魅力で、初めての配信者でも簡単にセットアップを進めることができますが、PCのリソースをより多く消費する傾向にあるため、より強力なPCスペックが求められることを覚えておく必要があります。

また、XSplitは高度な配信が可能でありながら操作が直感的であり、多機能ながらも中級者以上の配信者にとって優れた選択肢となるでしょう。

ただし、最高の配信品質を求める場合には、PCは強力なグラフィックカードとCPUを搭載していることが前提となります。

これらのソフトウェアはライブ配信を行う上で欠かせないツールですが、最適な配信設定を見つけ出すには、それぞれのソフトウェアの特性を理解し、PCの性能とのバランスを考慮することが不可欠です。

どのライブ配信ソフトウェアを選ぶにしても、最終的には配信品質を維持しつつ、視聴者に快適な視聴体験を提供することが目標となります。

そのため、PC選びにおいては将来的な配信内容の拡張やソフトウェアのアップデートにも対応できる余裕を持ったスペック選びを心掛けるべきです。

これらのポイントを押さえて、さあ、満足いくライブ配信を始めましょう。

ライブ配信向けに最適化されたOSとその設定

ライブ配信向けに最適化されたOSとその設定

Windows vs macOS 配信における強みと弱み

ライブ配信の世界において、最適なオペレーティングシステムを選択することは重要な意味を持ちます。

WindowsとmacOS、どちらも配信に一定の利点を提供しますが、それぞれのシステムには独自の性質があります。

Windowsは、その広範な互換性とカスタマイズの柔軟性で知られており、配信用ソフトウェアや拡張機能が豊富に存在します。

特にDirectXに最適化されたゲームを配信する際には、Windowsのパフォーマンスは光を放ちます。

また、ハードウェアの選択肢の広さや価格の多様性も、配信者にとっては大きな魅力となります。

一方でmacOSは、その安定したパフォーマンスと直感的なユーザーインターフェイスにより配信の質を高めます。

QuickTimeやFinal Cut Proなどの統合されたソフトウェアは、編集や映像処理において優れた体験を提供し、ソフトウェアの最適化により高い効率で動作します。

しかし、macOSは互換性の面でWindowsに劣る部分があり、配信ソフトウェアやゲームタイトルが限られていることが挙げられます。

また、ハードウェアのカスタマイズが困難であることや、価格が高く設定されていることも、配信を始めようとするユーザーにとっては考慮すべき点です。

配信においては、使用するソフトウェアやストリーミングのスタイルに合わせたOS選びが、滑らかで質の高い配信を実現する鍵となります。

それぞれのOSが有する強みと弱みを理解し、自分の配信スタイルや予算、技術的要件を総合的に考慮することで、最良の選択を下すことが可能です。

OSのセキュリティとパフォーマンスの調整

ライブ配信においてOSのセキュリティとパフォーマンスは、視聴者に快適な体験を提供する上で欠かせない要素です。

不要なプロセスを抑制し、リソースをライブ配信に集中させることで、安定した配信環境を維持できます。

ですが、この調整は技術的な知識を必要とするため、多くの配信者にとって難しいハードルになることもしばしばです。

セキュリティ面では、ライブ配信中にシステムの脆弱性が悪用されないよう、OSのセキュリティ更新は常に最新に保つ必要があります。

自動更新のスケジュールを配信時間外に設定することで、更新作業による配信中断を避けつつ、セキュリティのリスクも低減できます。

一方、パフォーマンスの最適化では、起動時に不必要なアプリケーションが実行されないように設定し、バックグラウンドで動作するアップデートや同期サービスを制限して配信の負荷を最小限に抑えることが重要です。

また、配信ソフトウェアは多くのCPUとメモリを要求するため、他のアプリケーションとのリソース競合を避けるためにも、この最適化は不可欠です。

これらの調整を行う際には、常にシステムの安定性を優先し、極端な設定変更による不安定化を避けることが肝心です。

配信をスムーズに進行させ、視聴者に最高のエンターテイメントを提供するための努力は、配信者の信頼性をも築くことにも繋がります。

適切なセキュリティとパフォーマンスの設定で、プロフェッショナルなライブ配信を実現させましょう。


ライブ配信に適したOSアップデートとメンテナンス

ライブ配信に適したOSアップデートとメンテナンスに関して、配信の安定性と品質を左右する重要なポイントに焦点を当てていきます。

操作システム(OS)は、パフォーマンスの向上やセキュリティの強化のため、定期的なアップデートが行われます。

特にライブ配信を行う上では、リアルタイムでの高解像度映像とクリアな音声を途切れることなく配信するために、最新の機能や修正が施されたOSを利用することが不可欠です。

ライブ配信に最適な環境を維持するためには、OSのアップデートを積極的に行い、常に最新の状態を保つことが推奨されます。

OSのメンテナンスとしては、不要な一時ファイルの削除やディスクの最適化、そして時には起動時のプロセスの見直しも大切です。

これらのメンテナンス作業を怠ると、システムのレスポンスが低下してライブ配信中に思わぬトラブルが発生するリスクが高まります。

後悔のないスムーズな配信を行うには、OSのメンテナンスを定期的に行い、常にシステムを最適な状態に保つことが求められます。

総じて、高品質なライブ配信を実現するためには、OSのアップデートとメンテナンスが欠かせない要素となっています。

これらの手順は複雑に感じるかもしれませんが、トラブルを未然に防ぎ、視聴者に最高の体験を提供するためには、これらの作業がライブ配信PCの命綱ともいえるのです。

あわせて読みたい

プロが教える! パソコンカスタマイズ注文の極意

BTOパソコンX

CreatorsのためのStable DiffusionおすすめPCセレクション

ゲーミングPCおすすめブログ

快適ゲームライフのための ゲーム用パソコン選び方指南

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

3DCGデザイナーが語る、現場で勝つPC選択術

デスクトップPCガイド

おすすめPCレビュー 3Dモデリングで選ぶ最適構成

BTOパソコンをおすすめする理由

BTOパソコンを選ぶならこのポイント!高性能なPC作成ガイド

おすすめのPCありますか?

イラストレーター必携! おすすめPCでAIイラストを次のレベルへ

ゲーミングPCおすすめブログ

パソコン寿命のサインを見逃すな! 今からできる予防策

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

おすすめBTOゲーミングPC 価格対効果で選ぶ最強マシーン

デスクトップPCガイド

ミュートなマシンの秘密 おすすめ静音PCのスペック徹底解説

BTOパソコンX

機能と価格のバランス! イラスト制作用おすすめPCの見つけ方

パソコンのTierを知ろう

ゲーマー必見! コスパ最強のおすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次